【姥柳町の南蛮寺】
(うばやなぎちょうのなんばんじ)


下記画像は【京のキリシタン史跡を巡る】(杉野栄著:嶋崎賢児写真)の本
からお借りしました。祇園祭には、布袋山の本尊である、布袋尊様像をマ



ンション1Fの西側コーナーにてお祀りしています。そのすぐ隣には下記画
像の駒札が建てられています。この地はまた、都の南蛮寺があったとこ

ろなのです。姥柳町に、聖堂が完成した日は、聖母被昇天の記念日の
1576年の8月15日(日本暦7月21日)でした。それを記念して、荘厳なミサ

が聖堂にて捧げられました。その駒札に書かれてある内容は、以下↓

南蛮寺
織田信長の時代に、ヤソ会によって建てられた南蛮寺は、この北側、
姥柳町の地にあったと推定される。戦国末期、京都でのキリスト教

布教は、永禄2年(1559)から本格化し、永禄4年にこの付近に礼
拝堂が設けられた。数々の迫害にあいながら、ヤソ会宣教師は布教

に努力、織田信長の保護もあって信者は拡大した。天正4年(1576)、
古くなった礼拝堂を再建することにし、数百人の信者の協力と所司代

村井貞勝の援助で完成、7月16日献堂式のミサが行われた。これが
南蛮寺で、信者の間では珊太満利亜(さんたまりあ)上人の寺とも呼

ばれ、京都におけるキリスト教と南蛮文化の中心となった。しかし、天
正15年(1587)6月、九州征伐を終えた豊臣秀吉は宣教師追放令を

発し、キリスト教弾圧に転じた。南蛮寺もその時に破壊され、ついにこ
の地には復興されなかった。
                                    京都市

嶋崎賢児さんの新しい本が出ました。キリシタン大名、【高山右近の足跡を歩く】
(島崎賢児 写真・文)は、ゆかりの地を長年の歳月を掛けて著者の嶋崎さん

が撮り集めた写真集です。                               




2011年10月23日、時代祭に初めて南蛮人が行列に参加しました。
時代祭を運営する平安講社は事前の10月12日、今年新調した装束

の一部を平安神宮で披露した中に加えて、南蛮人の新しい衣装もお
披露目されました。こちらは室町時代の町衆が着飾る風流(ふりゅう)

踊りの列に、南蛮人の仮装が加わることなったのでした。1563年(永
禄6年)宣教師ルイス・フロイスが都に辿りついた時の服装は僧侶の姿

で、素足に草履履きだったそうです。この時代祭の仮装は京都新聞の
記事に依りますと、『黒色のビロード地に金糸の刺しゅうをあしらい、

赤色の脚半で足元を彩った。江戸初期の祭礼図に描かれた南蛮人の
仮装で踊る町衆の姿を参考にした。』と書かれてありました。下記の画像

は【嶋崎 賢児】さんからの提供による写真からスキャンにてディジタル
画像にしました。(クリックで大きな画像を見れます。)


2012年(平成24年)10月22日の、時代祭での、【南蛮人】です。昨年と
同じ人でした。








ページトップへ