布袋山保存会ホームページ

【布袋山保存会】



*
平成24年7月21日(土)、新町六角下ルの大丸・松坂屋百貨店跡地で、埋蔵文化財
調査状況報告会がありました。報告会の資料に依ると、平安京の条坊では、こちらは

【平安京左京四条三坊七町】に相当します。六角町には【供御人/くごにん】(内蔵寮/
うちくらりょう所属商人)が住んでいました。その供御人は魚を販売する商人でした。

桃山時代、六角町の南東部には【南蛮寺】(布袋山居祭場所)がありました。







*
平成24年7月17日(火)夜、【ちょもらんま】で、大工さん・保存会スタッフが集まり、
賑やかに『あしあらい』(慰労宴)をしました。



*
平成24年7月17日(火)の毎日新聞朝刊に、布袋山櫓胴組の記事が掲載されました。



*
平成24年7月16日(月)の読売新聞朝刊に、布袋山櫓胴組の記事が掲載されました。



*
平成24年7月16日(月)の京都新聞朝刊に、布袋山櫓胴組の記事が掲載されました。



*
平成24年7月15日(日)のお昼過ぎから、16日午後11時までの間、室町蛸薬師西入ル北側の大丸松坂屋百貨店跡地で、【布袋山櫓胴組】が披露されました。

平成24年7月15日〜16日の祇園祭の宵山で、布袋山の居祭と同時に、
【布袋山櫓胴組】が披露されました。

(大丸・松坂屋百貨店跡地の姥柳町側の敷地)











*
平成24年7月14日午後2時〜、布袋山の御神体である、【布袋尊像】前にて、神事を行いました。







*
平成24年6月17日、【アリサハウスミュージアム】にて、布袋山保存会の川島義明会長が多数の参加者のもと、布袋山についての講演を行いました。












*
京都新聞に布袋山の記事が掲載されました。1月にみやこめっせで披露された布袋山の骨組みが、

【布袋山 復興願う櫓】として掲載されました。


画像クリックで大きな画像を別画面で見られます。

*
2012年1月15日(日)、みやこめっせで布袋山の骨組みが参加した120余名に披露されました。

待望の、布袋山の骨組みが出来上がり、みやこめっせの会場にて組み上げられました。

【町家発ほんまもんの会】の大工さん、宮殿師さん他スタッフの方々の熱い応援を賜り、
ありがとうございました。2012年1月15日(日)は布袋山保存会にとって歴史的な日とな

りました。開会式で川島会長が紹介されました。川島会長は、挨拶の中で布袋山復興へ
の熱い思いを会場に集まった120余りの参加者に向けて語りました。



この後、布袋山の『曳山』の骨組み組み立てが行われました。こちらに積み
上げられて置いてあるのがその部材です。これがなんと約15分で組み立て

られました。組立開始時刻(午前11:05)〜組立完了時刻(午前11:20)











布袋山保存会川島義明会長とほんまもん会のスタッフ、大工
さん、宮殿師さんと記念撮影しました。



町家発 ほんまもん第3回 新春初削りの会場(みやこめっせ)

で布袋山保存会の川島義明会長が挨拶しました。


布袋山の骨組みが大工さん達の手で組み立てられる様子を
撮りました。何と約15分以内の超スピードでした。


*
布袋山保存会の川島義明会長のコメントが京都新聞社祇園祭特集2011の新聞に
掲載されました。【2011年(平成23年)7月9日】の京都新聞記事からの抜粋です。

『布袋山 最短での巡行復帰を模索』



*
布袋山保存会の川島義明会長の談話が、

月刊京都【2011年(平成23年) 7月号#720】

の記事、祇園祭を支える人たち欄に掲載されました。下記は月刊京都からの
抜粋です。

『布袋山 休み山 お飾り』



*
復活に向けて地道な活動を続ける、布袋山保存会の川島義明会長の活動が
【2007年(平成19年)7月14日】の京都新聞に掲載され、紹介されました。

『布袋山復活へ懸装品や資料』





*
大津祭のねりものの【布袋】を見学する、布袋山保存会の川島義明会長の談話が
京都新聞に掲載されました。

【2005年(平成17年)10月9日】 『大津祭の布袋 復活に一役』















*
【2005年(平成17年)7月12日】の京都新聞の掲載記事です。布袋山の護符の
版木が収蔵庫を整理中に黒色の桐箱の中から見つかり、安政4年の製作と確認

されました。

『布袋山 護符の版木確認』




ページトップへ